面倒見が良かったのに態度が一変 夜勤帯はなぜか部屋に引きこもる師長

※ 日経ヘルスケア 2012年8月号 掲載 ブログにするにあたり株式会社日本経済新聞出版社より許可を頂いております。

面倒見が良かったのに態度が一変 夜勤帯はなぜか部屋に引きこもる師長

病棟看護師長のAさんに対して最近、
部下から不満の声が上がっている。
夜勤になるとなぜか管理室にこもるので、
自分たちの業務量が多くなる。
だからAさんと一緒に夜勤をしたくないというのだ。
スタッフの面倒見が良く、
部下からの信頼も厚かった彼女に、
いったい何が起こったのか─。

奥山美奈のコーチング・トレーニング申し込みはこちらから。TNサクセスのコーチング


写真をクリックで日経ヘルスケアのサイトにいきます。

 

ほかのスタッフたちに気を配りながら
業務をテキパキこなせる病棟師長のAさん。
仕事の教え方は、まさに手取り足取りといった感じで、
部下の信頼も厚かった。

だが最近、
Aさんは夜勤になると管理室にこもることが多くなり、
「一緒に仕事をしてくれない」と
部下が口をそろえて言うようになった。
Aさんの態度が一変したことを、
部下たちはほかの病棟の師長に相談。
この師長から報告を受けた看護部長は、
師長会でこの件を取り上げることにした。

師長会で話し合うも解決せず

後に看護部長に聞いたところ、
師長会ではこんなやり取りが行われたようだ。

看護部長
看護部長
Aさん、あなたが夜勤のときに管理室にこもって一緒に仕事をしてくれないとスタッフが言っているみたいなんだけど、何かあったの。
こもっているなんて……。
「困ったときは声をかけるように」と、その都度話して部屋に行っているんですけど。
A師長
A師長
看護部長
看護部長
忙しすぎて声をかけられないんじゃない?
部屋にこもらず「どう、大丈夫?」とかかわるべきなんじゃないの。
忙しいときに管理室にこもったりしていません。
それに、今まで声をかけすぎて失敗したなと思って、自分なりに後輩を育てようとかかわり方を工夫しているんです。
私、間違っていますか。
A師長
A師長
看護部長
看護部長
間違っているなんて言ってないでしょ。
でも実際、あなたの部下は困っていると言っていたわよ。
誰がそんなふうに言っているんですか。名前を教えてください。
A師長
A師長

看護部長から相談を受けた筆者は、
このような話し合いを続けても事態は好転しないと感じた。
管理室にこもることは是か非かという議論をしても、
両者の言い分が平行線をたどるのは明らかだ。
大切なのは、
Aさんがなぜそのような行動を取るようになったかを把握することにあると思われた。


トラウマを解消して未来へ進む。TNサクセスのコーチング

対人力を磨く22の方法 奥山美奈著 メディカ出版
※対人力を磨く22の方法 奥山美奈著 メディカ出版
写真をクリックで購入できます。

 

ある「事件」が態度を変える契機に

そこで筆者は看護部長と相談し、
看護部長、Aさん、筆者の3人で話し合いを行うことにした。

筆者はまず、

奥山
奥山
スタッフはなぜ、あなたの態度が一変したと思っているのかしら

とAさんに尋ねてみた。

この質問にAさんは、

私は新人のころ、先輩からろくに仕事を教えてもらえず苦労しました。
だからこそ、自分は後輩に丁寧に教えようと頑張ってきましたが、
逆にそういうやり方が甘えを生んでいるのだと思い直したんです。
最近はわざと厳しくしているから、部下がそんなふうに言うのだと思います
A師長
A師長

と答えた。

看護部長が

看護部長
看護部長
厳しいだけでは部下は育たないわよ

とアドバイスすると、Aさんは
でも自分は厳しい状況に置かれたから仕事ができるようになったんだと思います
A師長
A師長

と表情を曇らせながら返した。

筆者は、このときの表情を見て、
後輩への態度を変えるに至った大きなきっかけが
あったのではないかと推測。
さらに突っ込んで質問したところ、
Aさんはその経験を語り始めた。

数カ月前、
Aさんの部署の新人が医療事故につながりかねない大きなミスを犯した。
「最後は先輩が確認してくれるから大丈夫だと思っていた」
との新人の言葉を聞いたとき、
自分の指導が甘かったことに初めて気づいた─。
これが、彼女が語ってくれた真相だ。

若手はミスが多いから、
処置などが適切にできたかどうか先輩スタッフや
Aさん自身がこまめにチェックし、
その都度指導してきた。
だが、その配慮が行きすぎて
責任感が育たなかったのだと反省。
仕事に間違いがないか自分でしっかりチェックし、
その上で「最終確認をお願いします」と言える若手を育てなければ、
もっと大きなミスが発生してしまうのではないかと危惧し、
自らの態度を変えることを決意したのだという。

夜勤の時間帯は日勤帯ほど慌ただしくないため、
師長がいない時間がある程度長くなっても
業務は十分回ると判断し、
あえて夜勤帯に部屋にこもっていたことも分かった。

*******************************************************

2019年コーチング大会 育成面談

※ その他沢山の動画があります! こちらから(チャンネル登録お願いします。)
やりっぱなしの研修からトータル研修プログラムへ。TNサクセスコーチング

****************************************************

師長、管理室から出て語る

看護部長は、
教育が不十分な職場で育ちながらも
丁寧に部下を指導してきたAさんにお礼を言い、
安全対策を真剣に考えてくれていることにも感謝の言葉を述べた。

看護部長の言葉はAさんの心に響いたようで、
一気に表情が和らいだ。
筆者が、

奥山
奥山
目の前のスタッフを見るとどうしても助け舟を出してしまうから、管理室に隠れたくなったんですね

と言うとAさんは苦笑いをして大きくうなずいた。

さらに筆者は、Aさんに

奥山
奥山
今話してくれたことをそのままスタッフに伝えてみてはどうですか。Aさんの思いが分かれば、若手は『もっとしっかり仕事をしなくちゃ』と自覚するでしょうし、『面倒見が悪くなった』という誤解を解くことにもなると思いますよ

と提案した。

Aさんは後日、ミーティングで部下たちに自分の気持ちを率直に告白。

これからは近くにいるようにするけれど、自分の仕事は責任を持ってこなし、安易に先輩に頼らないようにしてほしい
A師長
A師長

と伝えた。
看護部長によると、
その後部下たちの仕事への姿勢は明らかに変わってきており、
Aさんが管理室にこもることもなくなったとのことだ。

人は焦ったり行き詰まったりすると、
極端な行動に出てしまうことがある。
そんなとき、職場の上司は表れた行動にしか目が行かず、
やめるよう注意するだけで終わらせてしまいがちだ。

職員に問題行動があれば、
まずは本人の声にじっくり耳を傾けてみることをお勧めしたい。
そのことが、問題の根本解決への近道となることは案外多い。

奥山美奈のコーチング・トレーニング申し込みはこちらから。TNサクセスのコーチング

クリックで購入できます↓

 医療者のための共育コーチング 著・奥山美奈

オンラインサロンがスタート!

こんな事例でお困りではありませんか??

・学生に「この人の問題点を考えて下さい」と言われた
・スタッフの状況を考えないで、「ハンコ押して下さい」「チェックまだですか?」と言われる
・技術チェックを受ける際、学生が自分で患者選定ができない
・バイタルサインが異常値でも、すぐ報告に来ない
・患者さんと仲良くなると言葉使いが敬語ではなくなる
・スタッフが言ったことが、行動記録にそのまま書かれている。学生の考えが記入されていない
・指導しても返答がない言い訳をする。など。
このみなさんの困ったを奥山塾で解決していきます!

奥山塾(オンラインサロン)がスタートしました。
月額¥1,000(税込)で、月に数回、全国どこにいても、オンラインで奥山美奈のセミナーが受けられます
セミナー中に直接、奥山美奈に質問することもできますよ。

塾生限定のメリット多数!

  • 24時間オンラインセミナーが受けられます。
  • ¥360,000の対面式コーチングトレーニングにコーチングを受けるクライアント役として、無料で2回まで参加できます。
  • 奥山美奈の11,000円の電話&スカイプコーチング(50分)の半額割引クーポンが年間2回分受け取れます。
  • 塾生以外にはご案内しない、奥山美奈との直接交流会に参加できます。
  • 月に一度、オンラインで奥山美奈の研修に参加できます。
  • 申し込みはダイレクトにこちらから 

オンラインサロンの特典を詳しく見る
オンラインサロン、コーチング商品ページへ

お知らせ

2020年2月1日(土) 東京ビックサイトにて
医学の友社「コーチング・セミナー」を開催します。

目の前で奥山美奈のコーチングシーンが見れ、講師のガイドにより自分自身もコーチングが体験できる体験型セミナーです。たった1日であなたのコーチング力が倍増間する画期的なセミナー。
ぜひ、会場でお会いしましょう。

イベント特設ページ・参加申し込みはこちら >>
医学の友社のお申込みサイトはこちら >>

 

 


こちらの記事もおすすめです!

言葉は丁寧でも態度が失礼な看護師 うわべだけの接遇を改めさせるには

Follow me!

2020年2月1日(土) 東京ビックサイトにて 「医療者のためのコーチング講座」開催! 詳細、お申し込みはこちら https://tn-succ.jp/seminar-yotei2/
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です